Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

UQモバイル・ビーモバイルの料金・通信速度・キャンペーン・サービス比較!

【徹底比較】UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)の料金・通信速度・キャンペーン・サービス比較!

博士

今回は、UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)の2つの格安スマホ業者を

  • 通信料金
  • 独自サービス
  • 通信速度
  • キャンペーンetc..

の項目から比較してみるぞ!

格安スマホ初心者
格安スマホ業者は、多すぎてぐちゃぐちゃしているから完結に教えて下さい!

格安スマホQ&A情報掲示板

少しでも、毎月の通信料を安くしたいけど、格安スマホはどうも難しそう・・・。

格安スマホ・SIMに関してのご質問・ご相談など気軽にできる掲示板始めました。

格安スマホ情報掲示板はこちら

博士

わかった。でもなぁ~、携帯の契約プランも十人十色のように、存在しておるんじゃ~!

細かく、知りたい場合は格安スマホ情報掲示板を開設したので、

そこで質問してみるのもいいぞ!

格安スマホ初心者
格安スマホ・SIMのSNSのような情報掲示板ですか?

こういうのがあれば、自分がどの格安スマホ業者が合っているかや、

動きが早い格安スマホの動向などもわかるんですね~!是非利用してみます!

博士

では、早速説明していこう!

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)比較表

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
管理人の一言都内あれば憂いなし器用貧乏
回線audocomo・SoftBank
データ容量3GB~14GB1GB~15GB
従量制(使った分だけ)
無制限プラン
初月利用料金日割り(データ容量は月割り)従量制
利用可能SIMデータ通信のみ
050データSIM(SMSあり)××
データ通信+音声通話
通信速度超高速
  • Softbank回線:普通
  • docomo回線:速い
都内の利用状況問題なし
  • Softbank回線:普通
  • docomo回線:速い
最低契約期間データSIM××
050データSIM(SMSあり)
音声通話(新規)
音声通話SIM(MNP)
違約金条件・金額
  • 音声通話SIM:
    • 契約期間:通常12ヵ月(1年間)
    • ※ぴったり・おしゃべりプランに関しては、2年間
  • 違約金:9,500円(税抜)
  • MNP転出手数料:3,000円(税抜)
  • 音声通話SIM:
    • 990 ジャストフィットSIM:
      契約期間:5ヶ月
      違約金:8,000円
    • 25GB定額:
      契約期間:5ヶ月
      違約金:8,000円
    • おかわりSIM:
      契約期間:5ヶ月
      違約金:8,000円
    • 携帯電話SIM:
      契約期間:10ヶ月
      違約金:9,000円
  • MNP転出手数料:3,000円
テザリング【無料】〇(一部au回線Iphone端末不可)
お試しプラン〇(15日間無料お試し『TryUQmobile』)〇(プリペイドSIM)
余ったデータ容量繰越〇(翌月繰越)×(翌月繰越不可!)
端末セット購入
かけ放題
  • 5分かけ放題:
    • 無料おしゃべりプラン
  • b-mobile電話:(無料
    条件:アプリからの発信が必要
    国内通話:(一律10円/30秒)
  • 5分間かけ放題:(500円/月
保証サービス新規端末購入保証端末補償サービス
(410円/月)
持込み端末保証つながる端末保証
(540円/月)
WifiスポットWi2 300 for UQ mobile
月額無料
なし
データチャージ100MB(200円)従量制が関係する
500MB(500円)
独自サービスデータ消費ゼロ『節約モード』初期設定不要サービス
サポート比較
  • 公式店舗
  • 電話
  • メール
  • チャット
  • 公式店舗
  • 電話
  • メール
チャット対応〇(若干対応がマニュアル型)
特徴auのサブブランドとして注目!
マイナスポイントau回線は通信制限があるb-mobile独自制限がある
AU系Iphoneはテザリング”が出来ない従量制の為、使いすぎる人は損!
LINEの年齢認証が出来ないLINEの年齢認証が出来ない
通信の最適化×(実施なし)〇(実施済み)
最適化のメリット通信の最適化を実施することで、一部のWebサイト等の画像の品質が低下するデメリットはありますが、一方で、混雑時でもWebサイトや動画が早く表示されたり、データ使用量を節約できるといったメリットがあります。結果として、混雑時間帯の通信サービス品質の確保につながります。
最適化のデメリット改ざん検出をするアプリが動作しなくなったり、ダウンロード失敗とみなされてリトライを繰り返し逆に通信量増加となる可能性もありますよ。
支払い方法
  • クレジットカード(本人名義)
  • 口座振替
  • クレジットカード(本人名義)
こういう人にオススメ♪
  • 通信料金は安くしたいけど、通信速度は落としたくないという方!
  • 特になし
博士

上記の表では、UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)について項目別での情報を記載しておるぞ!

表だけ見てもどうも何が何だかわからない人もいるかと思うので、

項目別で説明していこうと思うが、どうじゃ~?

格安スマホ初心者
そうですね!その方がわかりやすいので助かります!お願いします!

管理人の一言

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
管理人の一言都内あれば憂いなし器用貧乏
博士
  • UQモバイル:都内あれば憂いなし
  • b-mobile(ビーモバイル):器用貧乏

格安スマホ初心者
博士、これは、どういう意味なんですか?ww
博士

UQモバイルの特徴は、格安スマホ業界の中でも、

1,2位を争うほど”通信速度が速い“格安スマホ業者なんじゃ~!

 

都内というのは、どこの業者も”通信速度が遅くなる“のが一般的なんだが、

UQモバイルは都内でも問題なく通信速度がでることから、この一言にしておるぞ!

 

b-mobile(bモバイル)は、契約プランを発表してはいつの間にか、廃止になりを繰り返しており、

未だに、格安SIMの中でもインパクトが薄いことから、この一言にしているぞ!

回線

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
回線audocomo・SoftBank
博士

では、回線について見てみよう!

  • UQモバイル:au
  • b-mobile(bモバイル):docomo・SoftBank

この回線は、

  • au端末→au回線(そのまま乗換可能!)
  • docomo端末→docomo回線(そのまま乗換可能!)
  • Softbank端末→Softbank回線(そのまま乗換可能!)

になっており、b-mobile(ビーモバイル)は”トリプルキャリア対応“と選択肢が多くなっています。

博士

ここで、注意点が2つあります!

になっております。

初月利用料金

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
初月利用料金日割り(データ容量は月割り)従量制

博士

では、初月利用の対応について見てみるぞ!

  • UQモバイル:日割り(データ容量は月割り)
  • b-mobile(bモバイル):従量制

 

UQモバイルは、日割り(データ容量は月割り)になっておりますので、

初月に関しては、締め日に近ければ近いほど、データ容量が安く購入する事が出来ます。

参考ページにキャリア別で用意しているので、その記事を参考にしておくれ!

参考ページ:

博士

b-mobile(bモバイル)に関しては、格安SIM会社では珍しく、”従量制“を採用している格安SIM会社です。

従量制ですので、毎月使った分だけ請求される仕組みになっております。

 

 

価格面を見てみると、大容量で利用する人に関しては、他社よりも月額基本料金が高めの設定になっておりますので、

不向きと言えるでしょう!

データ使用量月額基本料
1GBまで990円
2GBまで1,490円(以降10GBまで 1GB毎に500円ずつ)
3GBまで1,990円
4GBまで2,490円
5GBまで2,990円
6GBまで3,490円
7GBまで3,990円
8GBまで4,490円
9GBまで4,990円
10GBまで5,490円(以降1GB毎に350円ずつ)
11GBまで5,840円
12GBまで6,190円
13GBまで6,540円
14GBまで6,890円
15GBまで7,240円
通信速度速度制限なし
※設定上限値(5GB~15GB)に設定可能!

格安スマホ初心者
かしこまりました!

利用可能SIM

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
利用可能SIMデータ通信のみ
050データSIM(SMSあり)××
データ通信+音声通話

最低契約期間・違約金の条件

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
最低契約期間データSIM××
050データSIM(SMSあり)
音声通話(新規)
音声通話SIM(MNP)
違約金条件・金額
  • 音声通話SIM:
    • 契約期間:通常12ヵ月(1年間)
    • ※ぴったり・おしゃべりプランに関しては、2年間
  • 違約金:9,500円(税抜)
  • MNP転出手数料:3,000円(税抜)
  • 音声通話SIM:
    • 990 ジャストフィットSIM:
      契約期間:5ヶ月
      違約金:8,000円
  • MNP転出手数料:3,000円

博士

続いては、最低契約期間・違約金の条件について見てみましょう!

UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)共に、データ通信のみSIMの契約の場合はいつ解約しても、”違約金は発生しません。

 

ですが、音声通話SIMの契約になると若干変わってきます。

UQモバイルは、”音声通話(新規)・(MNP)利用者“に対して、

  • 契約期間:通常12ヵ月(1年間)
    • ※ぴったり・おしゃべりプランに関しては、2年間
  • 違約金:9,500円(税抜)
  • MNP転出を行う場合は、別途3,000円(税抜)が発生します。

 

続いて、b-mobile(bモバイル)を見てみましょう!

b-mobile(bモバイル)は、”音声通話(新規)・(MNP)利用者“に対して、

  • 契約期間:5ヶ月~10ヶ月
  • 違約金:8,000円~9,000円(税抜)
  • MNP転出を行う場合は、別途3,000円(税抜)が発生します。

特に大きな違いはありません。

データ容量

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
データ容量3GB~14GB1GB~15GB
従量制(使った分だけ)
大容量プラン(30GB)××
無制限プラン(低速モード)

博士

続いて、データ容量について比べてみましょう!

  • UQモバイル:3GB~14GB
  • b-mobile(ビーモバイル):1GB~15GB

どちらも、データ大容量プランはありません。

無制限プラン(低速モード)

博士

UQモバイルは、高速通信・低速通信に切り替える”節約モード機能“を利用することで高速データ容量の調整を行う事が可能になります。

b-mobile(bモバイル)は、高速データ通信容量がなくなると、自動的に低速モードに切り替る仕組みになっております。

 

低速状態時の通信速度はこれくらいです。

  • UQモバイル:500kbps【無制限プラン】
  • UQモバイル:300kbps【低速時】
  • 格安SIM会社(低速時):200kbps
  • b-mobile(bモバイル):不明

この低速モードで、ある程度利用できるなら最安値プランで契約して、”低速モード(実質無制限モード)

で利用出来たらとお考えの方もいるかと思います。

 

ですが、b-mobile(bモバイル)は低速モード時にて、独自の通信制限が発生するので、覚えておきましょう!

b-mobile(bモバイル)通信制限

  • 低速度制限時(設定上限以上通信した時)において特にご利用の多いお客様(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上)に対しては、通信の速度を制限する場合があります。

 

UQモバイルに限らず、格安SIM(au回線)に全て共通することですが、

au回線を利用している以上、au回線ルールに合わせないといけません。

au通信制限

  • 直近3日間で6GB以上通信した場合

 

では、一体通信速度、”500kbps・300kbps200kbps“でどれくらいのことができるかまとめてみました。

▲通信速度500kbpsで動画再生をした時の動画です。

500kbpsで利用できるサービス:

  • LINE/メール:問題なし(LINE電話も問題なし
  • GoogleMAP:マップ表示・ルート案内もストレスなく行う事が可能!
  • Webサイト閲覧(テキスト中心):画像の多いサイトでも、ストレスなく見ることが可能!
  • 動画閲覧(Youtube):画質360pにした場合、途切れずに再生可能(スマホで見る分には充分な画質)

▲通信速度300kbpsで動画再生をした時の動画です。

Youtube(動画)に関してはネットの回線速度に応じて画質を自動調整してくれます。画質は落ちてしまいます。

通常の通信速度がこのレベルなら、少々困る時もありますが、

データ容量なしでこのレベルの利用ができるのは、お得感があります。

 

300kbpsで利用できるサービス:

  • LINE/メール:問題なし(LINE電話は厳しい
  • GoogleMAP:開くまでに”1分~数分”
  • Webサイト閲覧(テキスト中心):10秒ほどで表示
  • 動画閲覧(Youtube):画質は荒いですが、しっかり最後まで再生することができる

 

200kbpsで利用できるサービス:

  • LINE/メール:問題なし(LINE電話は厳しい
  • GoogleMAP:開くまでに”1分~数分”
  • Webサイト閲覧(テキスト中心):10秒ほどで表示
  • 動画閲覧(Youtube):広告を表示するのに時間が掛かり、本題に中々いけない

 

あくまでも”500kbps・300kbps200kbps“の出来る事はこのレベルだよ!っと参考程度に、覚えておきましょう。

※通信状況・回線状況によっても変わってきます!

博士

続いて、無制限プランについて比べてみましょう!

  • UQモバイル:無制限プランあり
  • b-mobile(bモバイル):無制限プランなし

 

UQモバイルの無制限プランは、『無制限プラン』と言って、月額1980~2680円(データ通信SIM~音声通話SIM)格安で利用できる契約プランです。

料金体系もやや格安SIM会社を比較すると割高な金額ですが、通信速度を見てみると”500kbps“っと無制限プランにしては、

かなり速い通信速度を無制限で利用できるので、コスパ面で考えると契約を検討するのは『あり』のレベルです!

参考ページ:

  • 格安simデータ使い放題(高速・低速)通信制限・コスパ比較まとめ!

博士

もし、ご利用者さんが、

自宅に固定回線(ネット)を繋いでいる方は、固定回線(ネット)を解約⇒ポケットWI-FIを契約します。

 

そのポケットWI-FIを持ち歩くことで、SIMのデータ容量を1番低いプランで契約して、

通信はポケットWI-FIを利用することで、”イライラすることなく・お金も減らない“方法なので、オススメです!

参考ページ:

  • 【徹底比較】おすすめのポケットWI-FIトップ3

独自サービス・その他

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
独自サービスデータ消費ゼロ『節約モード』初期設定不要サービス
テザリング【無料】〇(一部au回線Iphone端末不可)
WifiスポットWi2 300 for UQ mobile
月額無料
なし
お試しプラン〇(15日間無料お試し『TryUQmobile』)〇(プリペイドSIM)
余ったデータ容量繰越〇(翌月繰越)×(翌月繰越不可!)

博士

続いては、多くの項目がある中で、特に、違いがある独自サービスについて比べてみるぞ!

になっております。詳細については、独自サービス項目を開いてご確認しておくれ~!

 

続いて、データ容量の繰越について比べてみるぞ!

  • UQモバイル:翌月繰越
  • b-mobile(bモバイル):×(翌月繰越不可!)

格安スマホ初心者
かしこまりました!

初期設定不要サービス

サービス名初期設定不要サービス
サービス内容
  • SIMカード変更時に再度設定が必要な情報を再設定不要で利用できるサービスです。

※今ご利用中の電話番号を引き継がない場合は一部のアプリで設定が必要になることがあります。

対象サービス
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Amazon
  • カレンダー
  • 写真
  • Youtube
  • GAME

博士

スマホの再設定に関わる(アプリ移行・電話帳移行etc..)は結構面倒くさいですし、

手順を間違えてしまうと、上手く引継ぎが出来ない可能性すらあります。

 

そんな、機種変更・乗換をしたいけどーちょっと不安という方は、

このサービスを利用することで、問題なく設定不要で引き継ぎできますので、ご利用下さい。

参考ページ:

【プラン編】かけ放題

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
かけ放題
  • 5分かけ放題:
    • 無料おしゃべりプラン
  • b-mobile電話:(無料
    条件:アプリからの発信が必要
    国内通話:(一律10円/30秒)
  • 5分間かけ放題:(500円/月
端末セット購入
保証サービス新規端末購入保証端末補償サービス
(410円/月)
持込み端末保証つながる端末保証
(540円/月)
データチャージ100MB(200円)従量制が関係する
500MB(500円)

博士

続きましては、かけ放題・セット購入・保証サービスなのですが、特に大きな違いはありません。

 

データチャージについては、違いがありますので、比べてみるぞ!

  • UQモバイル:100MB当たり、200円前後
  • b-mobile(bモバイル):従量制を採用しているので、自動的にデータチャージされる!

格安スマホ会社のデータチャージの相場は、100MB(100円)が相場になっていますので、

UQモバイルは若干高めの設定になっています。

通信速度

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
通信速度超高速
  • Softbank回線:普通
  • docomo回線:速い
都内の利用状況問題なし
  • Softbank回線:普通
  • docomo回線:速い

博士

続きましては、通信速度について比べてみます!

b-mobile(ビーモバイル)は、元々通信速度が早い会社ではありません。

 

対して、UQモバイルはいわゆるサブブランドと言われ、

格安スマホ業者の中では、通信速度は1,2位を争うほどの会社です。

よって、この勝負は、UQモバイルが大きく軍配が上がります。

 

こんな感じ↓(;・∀・)

  1. 格安スマホ(全般):通信速度は遅いが、その分通信料金もお手頃!
  2. 格安スマホ(Softbank回線):通信速度は安定している・他回線と比べると割高(月400円程度)
  3. サブブランド(Ymobile・UQモバイル):通信速度も快適,通信料金は少し高め!
  4. キャリア:通信速度・通信料金共に高め!

という感じじゃ~!

利用方法によって、自分に合う業者を探すことが、通信料金を安く・快適に過ごす秘訣じゃ~!

docomo回線:


Softbank回線:

都内の利用状況


博士

続きましては、都内の通信速度について比べてみます!

こちらも、通信速度で有利なUQモバイルに大きく軍配が上がります!

 

都心部では、もろに通信速度に影響が来るので、

都内の方に関しては、

  • 通信を全く利用しない:格安スマホがオススメ!
  • 移動時間などは、動画・ゲームして暇つぶししたい:サブブランドがオススメ!

になってきます。

 

ここで、月額料金の安さに目が眩んで格安スマホに変えて、

結果:ぶち切れ即解約!する方も実際の所多くいらっしゃいます。

 

この問題の原因は、

  • 利用状況の確認不足
  • 環境面などの事を事前に調べずに、何となくで契約したetc..

があります。

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
お試しプラン〇(15日間無料お試し『TryUQmobile』)〇(プリペイドSIM)

博士

その事態を防ぐためには、UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)にある、

お試しプランを利用することで、利用者の行動する場所・通信状況・速度がどの程度なのかを知ることが出来る、簡単な方法です。

絶対に失敗したくないという人は、この方法で確認後、契約を行いましょう!

 

UQモバイルは、通信速度にご不安があるという方は、”TryUQmobile“を都内・田舎限らず利用して実際に利用してみるほうがいいでしょう!

TryUQmobileのメリット・デメリット:

  • メリット:
    • 自宅・職場などの移動ルートの通信速度を確認して契約することができる!
    • SIMのみ・端末セットの2種類でレンタルしているので、ご利用者の選択肢も幅広い!
    • 格安SIMを始めるにあたって、Android端末に乗換検討の方は同時にAndroid端末実機を触ることが出来る!
    • 動作確認端末には載っていない端末にSIMカードを挿して、利用できるか確認することができる!
  • デメリット:
    • 特になし!

 

b-mobile(bモバイル)は、”プリペイドSIM“がありますので、料金を安く利用出来のは、Softbank回線のみになっています。

データ通信SIM→音声通話SIMに契約後、変更することができませんので、通信速度を確認してよければ、

1度解約を行い、新たに、音声通話SIMを契約をすることが前提となります。

 

データ通信SIM・プリペイドSIM契約視点で、回線別で費用をまとめてみるぞ!

docomo回線:

  • データ通信SIM:
    • 最安値:1GB(990円)
    • 初期費用:3000円(エントリーパッケージ)
    • 合計金額:3,990円
  • プリペイドSIM:
    • 最安値:7GB(3780円)
    • 初期費用:なし
    • 合計金額:3,780円

Softbank回線:

  • データ通信SIM:
    • 最安値:1GB(990円)
    • 初期費用:3000円(エントリーパッケージ)
    • 合計金額:3,990円
  • プリペイドSIM:
    • 最安値:1GB(980円)
    • 初期費用:なし
    • 合計金額:980円

比較してみた所、docomo回線・Softbank回線共に、

プリペイドSIMで通信速度を確認した方が安い!というということが分かりました。

サポート種類

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
サポート種類
  • 公式店舗
  • 電話
  • メール
  • チャット
  • 公式店舗
  • 電話
  • メール
チャット対応〇(若干対応がマニュアル型)

博士

続いては、サポート種類に関しては、大きな大差はありません。

そのなかでも、チャット対応は多く違うのでお話します!

  • UQモバイル:〇(若干対応がマニュアル型)
  • b-mobile(bモバイル):チャットサービスはありません。

 

UQモバイルは、こちらが質問しているのに対して、よくわからない回答が来て、再度聞き直すことが多々あり、

若干マニュアルでの対応をしている為、ちょっとしたニュアンスがずれて回答が来たりします。

 

b-mobile(bモバイル)は、チャットサービスはありませんので電話対応を受けた対応について述べようと思います。

電話対応においては、回線速度を確認するならどのように契約した方が安く確認できますか?っというちょっと難しい質問に対しても、柔軟に対応をいて頂き、非常にわかりやすかった印象を受けました。

 

 

Twitterでも、嘆いている方もいますが、2018年5月16日に受付時間の変更があり、実質サービス縮小とも取れる、発表を行いました。

キャンペーンを行って、お客さんを呼び込みなども以前よりもしなくなっているので、徐々にサービスを拡大させるというよりは、縮小傾向にある格安SIM会社になりますので、後々面倒なことに巻き込まれない為にも、契約は、避けるべき会社だと思います。

 

また、格安SIM業界でもチャットサポートは色々あります。

  • 相談員による、チャット
  • 自動応答(AI)チャット

格安SIM業者で人気がある会社に共通するのが”相談員による、チャット“サポートを導入している会社は、

限りなく、ご利用者に安心を貰うために企業努力をしていますし、お客様視点を理解していると判断していいでしょう。

 

また、もう1点共通するのが、”サポート対応・親会社の資金力“は格安SIM業者を複数比較した結果、

概ね比例するのでは?っと思いました。

 

b-mobile(bモバイル)の親会社は、日本通信です。mineo(マイネオ)に関しても、あの関西電力が親会社になります。

格安SIMを選ぶ際の基準としては、親会社がどういう所?までは調べて契約を行うとより安心して契約が出来ると思います。

UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)のデメリット

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
デメリットau回線は通信制限があるb-mobile独自制限がある
AU系Iphoneはテザリング”が出来ない従量制の為、使いすぎる人は損!
LINEの年齢認証が出来ないLINEの年齢認証が出来ない

博士

UQモバイルに限らず、格安SIM(au回線)に全て共通することですが、

au回線を利用している以上、au回線ルールに合わせないといけません。

au通信制限

  • 直近3日間で6GB以上通信した場合

 

b-mobile(bモバイル)低速通信時

  • 低速度制限時(設定上限以上通信した時)において特にご利用の多いお客様(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上)に対しては、通信の速度を制限する場合があります。

 

b-mobile(bモバイル)は、従量制を採用している格安SIM会社になりますが、他社と比較するとそんなに価格面が安いかと言われるとそうでもありません。

参考ページには、データ容量別で格安SIM会社比較を行っておりますのでご参考下さい。

 

UQモバイルb-mobile(bモバイル)に限らず、格安SIMでは、

LINEのID検索・年齢認証が出来ない!“っという問題があるあるで発生します。

 

【解決!】LINE(ID検索・年齢認証)をON(オン)にする方法3つの方法!しておくことで、

LINE(ID検索・年齢認証)が可能になります。是非、ご活用下さい。

参考ページ:

  • 【徹底比較】月1GBでおすすめの格安SIM(独自サービス・通信速度)まとめ!
  • 【徹底比較】月2GBでおすすめの格安SIM(独自サービス・通信速度)まとめ!
  • 【徹底比較】月3GBでおすすめの格安SIM(独自サービス・通信速度)まとめ!

通信最適化の有・無

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
通信の最適化×(実施なし)〇(実施済み)
最適化のメリット通信の最適化を実施することで、一部のWebサイト等の画像の品質が低下するデメリットはありますが、一方で、混雑時でもWebサイトや動画が早く表示されたり、データ使用量を節約できるといったメリットがあります。結果として、混雑時間帯の通信サービス品質の確保につながります。
最適化のデメリット
  • 改ざん検出をするアプリが動作しなくなる
  • ダウンロード失敗とみなされてリトライを繰り返し逆に通信量増加となる可能性がある
  • 画像の劣化
  • ゲームアプリが落ちる
  • ゲームアプリが使えない可能性がある
  • サイト運営者側の意図とは違う表現をされる恐れがある。

博士

通信の最適化とは、通常サイトを表示するのに、10MB必要だとします。

それを、7MBまで抑えて表示します。そうすることで、

  • メリット:
    • 時間・データ容量を短縮して表示することが出来ます。
  • デメリット:
    • 本来の形を変えてしまっているので、画像が劣化したりなどの問題が発生します。

これは、コンテンツの質(Web閲覧etc)を落としていることになるので、

スマホを利用する目的・用途によっても違いますが、”通信の最適化”をすることによって、

このようなデメリットが発生する事は覚えておきましょう!

支払い方法

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
支払い方法
  • クレジットカード(本人名義)
  • 口座振替
  • クレジットカード(本人名義)

博士

続きましては、お支払い方法について比べてみます!

b-mobile(bモバイル)は、クレジットカードのみですが、UQモバイルは、口座振替にも対応しています。

 

格安スマホ業界では、何故?支払い方法がクレジットカードがメインにメインになっているのか、

ざっくり話してみるぞ!

  • MVNO(格安スマホ)事業者の”料金未払いリスクを減らす”ことができる!
  • 滞納者に対して、回収する手間を省くことができる!
  • クレジットカードを担保に支払いを積極的に行わす!

などが、大まかな理由になっているぞ!

参考ページ:

  • 【徹底比較】デビットカード・LINEPayが利用できる格安SIM・スマホまとめ!
  • 【徹底比較】口座振替が利用できる格安SIM・スマホまとめ!
  • 【徹底比較】銀行振込・コンビニ払いが利用できる格安SIM・スマホまとめ!

特徴・こういう人がオススメ♪

UQモバイルb-mobile(ビーモバイル)
こういう人にオススメ♪
  • 通信料金は安くしたいけど、通信速度は落としたくないという方!
  • 今後の経営状態が不安なことから、オススメはできません!

博士

最後に、UQモバイル・b-mobile(ビーモバイル)は、こういう人がオススメです!

 

UQモバイルは、通信料金は安く抑えたいけど、通信速度は落としたくないという贅沢な悩みの方にオススメで、

都内在住の方なども同様になります。

 

b-mobile(bモバイル)の、親会社は日本通信ですが、業績は低迷気味の企業です。

格安SIMがまだ出始めの頃は、b-mobile(bモバイル)も契約者が多い格安SIM会社でしたが、競合が参入していく中で、

サービスを維持するのが難しく2016年8月には、日本通信のドコモ回線サービスをU-mobileに売却してしまいました。

 

それから、ソフトバンク系の格安SIM、b-mobile Sを2017年3月から始めました。

そしていつの間にか、docomo回線も選べるようになっているのが、現状です!笑

 

親会社が、業績不振ですと格安SIM分野に関しても少なからず影響を受ける可能性がありますので、

契約してから、サービス品質が落ちたなどの可能性も充分にあり得ますので、ご注意下さい。

 

b-mobile(bモバイル)で、docomo回線・Softbank回線をご利用をご検討している方は、

今現在、オススメする回線別格安SIM会社を参考ページでご紹介しておりますので、ご参考下さい。

 

以上、UQモバイル・b-mobile(bモバイル)の違いまとめでした。

参考ページ:

  • docomo回線(料金・速度・サービス)格安SIM・スマホ比較まとめ!
  • Softbank回線(料金・速度・サービス)格安SIM・スマホ比較まとめ!

博士

そのほかにも、違う話題に関しても記載しておるから、

  • 『UQモバイルについて違う話題を見る』:を選択!
  • 格安スマホ・SIMのUQモバイルのメリット・デメリットは?』:を選択!

では、このへんで~。